VOL.40【北鎌倉落語会】立川志らくの会

受付中
20161217-1日時:2016年12月17日(土) 13:00開場/13:30開演
料金:3500円(円覚寺の入山料300円が別途かかります。)
出演:立川志らく、立川らく次、神田松之丞

出演者プロフィール

立川志らく
shiraku1963年、東京生まれ 1985年、立川談志に入門、1995年、真打昇進。落語家、映画監督(日本映画監督協会所属)、映画評論家、劇団主宰と幅広く活動。キネマ旬報、スターチャンネルプログラムガイド等の連載、「落語進化論」「談志のことば」「銀座噺 志らく百点」など著書も多数。落語家生活三十周年を迎え、2015年1月より国立演芸場で独演会「立川志らく 落語大全集」を開催している。
立川志らくHOMEPAGE

立川らく次
rakuji1976年生まれ。2000年、立川志らくに入門。2007年、立川流家元・談志自ら厳しい審査を下すことで有名な二つ目昇進試験に合格し、晴れて二つ目昇進。志らく一門屈指の正統派と云われ、得意のイラストは現在、漫画雑誌「週刊モーニング」でイラストの連載コーナーを持つほどの腕前。宝塚歌劇検定3級、第1種教員免許(美術)を所持。帝京平成大学非常勤講師。
立川らく次公式サイト

神田松之丞
神田松之丞1983年生まれ、東京都出身。2007年、三代目神田松鯉に入門。2012年、二つ目昇進。2015年、読売杯争奪 激突!二つ目バトル優勝。趣味は落語を聴くこと。若くして、連続物や端物と言われる数々の読み物を異例の早さで継承した講談師。持ちネタの数は8年で110を超え、講談普及の先頭に立つ活躍をしている。
神田松之丞オフィシャルサイト

プロデュース:植竹公和
uetake「オレたちひょうきん族」「上岡龍太郎がズバリ」「1億人の大質問?! 笑ってコラえて!」から政治情報番組まで硬軟放送作家。老舗お笑いライブ新人コント大会(ラ・ママ)の主催メンバー。杏里、角松敏生の作曲もこなす作詞作曲家。「ラジカントロプス2.0」(ラジオ日本)司会プロデュースも。1977年、法政大学落研時代に、円生、馬生、柳朝、小南、小朝で九段会館にて初の興行を打ち、同年、自らも演者として、本牧亭や新宿明治安田生命ホールで落語会を開く演芸の虫。
歌う♬放送作家

下記フォームよりご予約ください。

お名前(必須)

ふりがな(必須)

性別
   男性 女性

年齢

電話番号(必須)

ご住所(必須)

メールアドレス(必須)


できるだけ携帯電話のメールアドレスはお避けください。
確認メールが自動返信されます。
確認メールが迷惑メールに振り分けられる場合がございます。返信がない場合は、迷惑メールフォルダもご確認ください。

参加人数 (必須)

このイベントは何によって知りましたか?

VOL.41【北鎌倉落語会】柳家喬太郎の会

受付中
20170128-1日時:2017年1月28日(土) 13:00開場/13:30開演
料金:3500円(円覚寺の入山料300円が別途かかります。)
出演:柳家喬太郎、立川志の八、瀧川鯉八

出演者プロフィール

柳家喬太郎
柳家喬太郎1963年、東京都生まれ。日本大学商学部卒。1989年、柳家さん喬に入門、前座名「さん坊」。1993年、二つ目昇進、「喬太郎」に改名。2000年、真打昇進。平成16年度、17年度、18年度国立演芸場花形演芸会大賞を3年連続で受賞(2004年、2005年、2006年)。2005年、平成17年度 文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)受賞。「柳家喬太郎のようこそ芸賓館」(BS11)、俳優として「ちゅらさん4」「坂の上の雲」(NHK)などに出演。書籍、落語のCD、DVDも多数リリースしている。

立川志の八
shinohachi1974年、横浜市生まれ。町田デザイン専門学校卒業。2000年、落語立川流、立川志の輔に入門。2009年、二ツ目昇進。2011年、第10回さがみはら若手落語家選手権 優勝。2012年、前橋 第四回若手落語家選手権 優勝。現在は地元横浜や下北沢などで定例の会を開いている。
立川志の八公式サイト

瀧川鯉八
koihachi2006年8月、瀧川鯉昇入門。2010年8月、二ツ目昇進。2011年、NHK新人演芸大賞ファイナリスト。2015年、NHK新人落語大賞ファイナリスト。第一回渋谷らくご大賞 受賞。
Twitter
落語芸術協会 瀧川鯉八

プロデュース:植竹公和
uetake「オレたちひょうきん族」「上岡龍太郎がズバリ」「1億人の大質問?! 笑ってコラえて!」から政治情報番組まで硬軟放送作家。老舗お笑いライブ新人コント大会(ラ・ママ)の主催メンバー。杏里、角松敏生の作曲もこなす作詞作曲家。「ラジカントロプス2.0」(ラジオ日本)司会プロデュースも。1977年、法政大学落研時代に、円生、馬生、柳朝、小南、小朝で九段会館にて初の興行を打ち、同年、自らも演者として、本牧亭や新宿明治安田生命ホールで落語会を開く演芸の虫。
歌う♬放送作家

下記フォームよりご予約ください。

お名前(必須)

ふりがな(必須)

性別
   男性 女性

年齢

電話番号(必須)

ご住所(必須)

メールアドレス(必須)


できるだけ携帯電話のメールアドレスはお避けください。
確認メールが自動返信されます。
確認メールが迷惑メールに振り分けられる場合がございます。返信がない場合は、迷惑メールフォルダもご確認ください。

参加人数 (必須)

このイベントは何によって知りましたか?

VOL.42【北鎌倉落語会】立川生志、古今亭菊之丞、立川志の春、春風亭ぴっかり☆の会

受付中
20170211-1日時:2017年2月11日(土) 13:00開場/13:30開演
料金:3500円(円覚寺の入山料300円が別途かかります。)
出演:立川生志、古今亭菊之丞、立川志の春、春風亭ぴっかり☆

出演者プロフィール

立川生志
0021963年生まれ、福岡県出身。1988年、立川談志に入門。2008年、真打昇進。談志も認める陽気な高座は、前座時代から『賞ハンター』の異名を持ち、賞レースで各賞を受賞。現在は、独演会を日本国内のみならず海外でも定期的に開催しており、2010年に故郷福岡の博多座では初となる落語公演を実現させた。河出書房新社より『ひとりブタ 談志と生きた二十五年』を出版。
立川生志 ブタブログ

古今亭菊之丞
kikunojo1972年、東京都渋谷区生まれ。1991年5月、高校卒業後、古今亭圓菊に入門。同年7月、前座となる。1994年11月、二ツ目昇進。2003年9月、真打昇進。
北とぴあ若手落語家競演会北とぴあ大賞(1998年)、市川市民文化賞奨励賞(2001年)、NHK新人演芸大賞落語部門大賞(2002年)、平成19年度、20年度、22年度 国立演芸場花形演芸会金賞(2008年、2009年、2011年)、平成24年度 第63回芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能)、第5回落語協会大喜利王選手権優勝 第五代落語協会大喜利王(2013年)など受賞多数。
古今亭菊之丞さいと

立川志の春
志の春立川志の輔の三番弟子。1976年8月14日、大阪府豊中市生まれ、千葉県柏市で育つ。2002年10月、入門。2011年1月、二つ目昇進。2013年、NHK新人演芸大賞 落語部門 本選出場。2013年度、にっかん飛切落語会 奨励賞受賞。著書に「誰でも笑える英語落語」(新潮社/2013年)、「あなたのプレゼンに『まくら』はあるのか?」(星海社/2014年)。
立川志の春 公式WEB

春風亭ぴっかり☆
春風亭ぴっかり高校卒業後、ミュージカル専門学校に進む。舞台女優を目指すが、そこで出会った落語に魅了され、2006年、春風亭小朝に弟子入り、前座名「ぽっぽ」。2011年、二つ目に昇進、「ぴっかり」と改名。日本テレビ「笑点」若手大喜利メンバー/BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利メンバー、フジテレビ「噺家が闇夜にコソコソ」出演中。女流落語の歴史を変える?とも噂される、若手噺家のホープ。
ぴっかり倶楽部 春風亭ぴっかり☆オフィシャルウェブサイト

プロデュース:植竹公和
uetake「オレたちひょうきん族」「上岡龍太郎がズバリ」「1億人の大質問?! 笑ってコラえて!」から政治情報番組まで硬軟放送作家。老舗お笑いライブ新人コント大会(ラ・ママ)の主催メンバー。杏里、角松敏生の作曲もこなす作詞作曲家。「ラジカントロプス2.0」(ラジオ日本)司会プロデュースも。1977年、法政大学落研時代に、円生、馬生、柳朝、小南、小朝で九段会館にて初の興行を打ち、同年、自らも演者として、本牧亭や新宿明治安田生命ホールで落語会を開く演芸の虫。
歌う♬放送作家

下記フォームよりご予約ください。

お名前(必須)

ふりがな(必須)

性別
   男性 女性

年齢

電話番号(必須)

ご住所(必須)

メールアドレス(必須)


できるだけ携帯電話のメールアドレスはお避けください。
確認メールが自動返信されます。
確認メールが迷惑メールに振り分けられる場合がございます。返信がない場合は、迷惑メールフォルダもご確認ください。

参加人数 (必須)

このイベントは何によって知りましたか?

VOL.39【北鎌倉演芸会】松村邦洋の独演会 その3

受付は終了いたしました。
20161106-1日時:2016年11月6日(日) 13:00開場/13:30開演
料金:3500円(円覚寺の入山料300円が別途かかります。)
出演:松村邦洋、林家きく麿、神田松之丞、ホロッコ

出演者プロフィール

松村邦洋
0011967年生まれ、山口県熊毛群田布施町出身。現在、「アッコにおまかせ」(TBSテレビ)、「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(フジテレビ)、「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(ニッポン放送)、「午後のまりやーじゅ」「DJ日本史」(NHK R1)、「ラジカントロプス2.0」(ラジオ日本)などに出演。
太田プロダクション

林家きく麿
林家きく麿1972年生まれ、福岡県出身。1996年、林家木久蔵(現・木久扇)に入門。前座名「十八(とっぱち)」。2000年、二ツ目昇進、「きく麿」と改名。2010年、真打ち昇進。北九州市市民文化賞受賞。北九州市文化大使。趣味は、独り言、ものまね、パントマイム。
バカ笑いと旨い飯 林家きく麿のブログ

神田松之丞
神田松之丞1983年生まれ、東京都出身。2007年、三代目神田松鯉に入門。2012年、二つ目昇進。2015年、読売杯争奪 激突!二つ目バトル優勝。趣味は落語を聴くこと。若くして、連続物や端物と言われる数々の読み物を異例の早さで継承した講談師。持ちネタの数は8年で110を超え、講談普及の先頭に立つ活躍をしている。
神田松之丞オフィシャルサイト

ホロッコ
%e3%83%9b%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b3夫婦お笑いコンビ。1999年3月コンビ結成。“ほっこり”するコントや“いちゃいちゃ”する漫才で、子供からお年寄りまで幅広く喜んでいただける芸風が特徴。夫婦二人三脚、仲良く活動中。
「ほっこり夫婦円満」ホロッコ オフィシャルブログ

プロデュース:植竹公和
uetake「オレたちひょうきん族」「上岡龍太郎がズバリ」「1億人の大質問?! 笑ってコラえて!」から政治情報番組まで硬軟放送作家。老舗お笑いライブ新人コント大会(ラ・ママ)の主催メンバー。杏里、角松敏生の作曲もこなす作詞作曲家。「ラジカントロプス2.0」(ラジオ日本)司会プロデュースも。1977年、法政大学落研時代に、円生、馬生、柳朝、小南、小朝で九段会館にて初の興行を打ち、同年、自らも演者として、本牧亭や新宿明治安田生命ホールで落語会を開く演芸の虫。
歌う♬放送作家

受付は終了いたしました。

VOL.38【北鎌倉落語会】春風亭一之輔の会

満員御礼
受付は終了いたしました。
第十一回鎌倉芸術祭参加
20161016-1時間に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。
日時:2016年10月16日(日) 14:00開場/14:30開演
料金:3500円(円覚寺の入山料300円が別途かかります。)
出演:春風亭一之輔、瀧川鯉八、桂宮治

続きを読む VOL.38【北鎌倉落語会】春風亭一之輔の会

北鎌倉から新しい文化を発信しています。