テーマソング

Facebook にシェア
Pocket

北鎌倉落語会の仲入り時に生歌でもご紹介している曲は、「ラプソディー・イン・北鎌倉〜北鎌倉のテーマ〜」。北鎌倉お坊さんアカデミーのテーマソングです。もともとは、2013年6月22日(土)にテレビ東京系列で放送された「出没!アド街ック天国」北鎌倉特集、新名曲のコーナー用に作られた曲です。

作詞・作曲は、北鎌倉お坊さんアカデミーの北鎌倉落語会の世話人で放送作家の植竹公和。編曲は、山本達彦バンドや角松敏生バンドでのキーボード演奏やレコーディング アレンジャーとして有名な作曲家の林有三。歌は、佛日庵の寺庭の髙畠薫。CDも絶賛販売中ですので、よろしくお願いいたします。

購入はこちら

「ラプソディー・イン・北鎌倉〜北鎌倉のテーマ〜」

歌:髙畠 薫 作詞・作曲:植竹 公和 編曲:林 有三

1)
横須賀線が風を運ぶと
打ち水に花びらが 色づき始める
胸をいためた旅人たちも
お寺の鐘に明日を誓うの
 
古い歌口ずさみいにしえの空へ
ふわふわと雲たちも応えてくれる
迷ったら北鎌倉(きたかま)を訪ねてごらん
優しい風の街です
 
2)
時計を置いて路地を曲がれば
なつかしい古人(ふるびと)がささやき始める
無念の涙押し込めながら
永遠(とわ)の童(わらべ)に道を開けるの
 
降りそそぐハクモクレン閉じる頃には
星たちがたゆたふよ水面(みなも)の上で
人は皆泣きながら生きていくのね
おかえりきみの街です
 
古い歌口ずさみいにしえの空へ
ふわふわと雲たちも応えてくれる
迷ったら北鎌倉(きたかま)を訪ねてごらん
優しい風の街です